スポンサーリンク

1.社会に出てから痛感する「地頭力」の大切さ!『まんがでわかる 地頭力を鍛える』★

成長したい!

こんにちは!

このサイトで1冊目に紹介するのは『地頭力を鍛える』です。

『地頭力を鍛える』

20万部突破、伝説のロングセラー『地頭力を鍛える』がコミック化。

27歳がけっぷちOL、アタマ良くなる、無敵になる!

インターネットで、プロ並みの知識が数秒で手に入る時代。結果で差がつくのは、自分の頭で考える力=地頭力。
地頭力を鍛えれば、どんな問題でも解決する力が身につきます。

Amzonより

 

『地頭力』が一番の資産になっていく時代

「地頭力を鍛える」というのは、自分の頭で考える力を身に着けていくことと言えます。

この「考える力」というのが、これからの時代を生き抜いていく、重要な資産になるのではないかと思っています。

それが、この本を1冊目に紹介している理由です。

「地頭力がいい」という言葉が一般化する前なら、

「要領がいい」とか「のみこみが早い」と言ったかもしれませんが、「地頭力の良さ」は学歴とは関係ありません。学歴の高い人が、仕事ができるとは限らないのと同じ話です。

気づけば、もうすぐ社会にでて20年になり、若手の人と仕事をする機会が増えてきましたが、

仕事でつまずきやすい人や、うまく仕事を進められないなぁという人も見てきました。

そういう人が、「考える力」を身に着ければ、きっと仕事はずっとスムーズに進めるように

なるのでは。と感じます。

これまで人が従事してきた仕事の多くが、AIに代わっていくといわれる時代を生き抜いていくには、

「考える力」が最大の武器になると思います。

この本がおススメの人

これから社会に出る人や若手の人には、読んでもらいたい一冊です。

ストーリーのわかりやすさ

ビジネスコミックスの場合は、まんがの分量(割合)が本によってかなり異なります。

この本は、

漫画:解説文=8:2ぐらいでしょうか。(主観的な割合)

本書の最後にも、「地頭力を鍛える」BOOKLISTがまとめられています。

まんが版は、とても読みやすいので地頭力に興味のある人には、最初の1冊におすすめの1冊です。

目次で学ぶ「地頭力を鍛える」

プロローグ 地頭力で君の人生は変わる!
01 優等生だから、思考停止になる?
02 なぜ、地頭力の重要性が高まっているのか
03 「正解病」から脱却しよう
04 地頭力は鍛えられるのか?
コラム フェルミ推定は「外資系コンサル」だけのものではない
思考停止から抜け出そう まとめ

PART1 結論から考えよう
01 完璧主義者はなぜ仕事ができないのか?
02 「20点でOK」だからうまくいく
03 「とりあえずの答え」を出す方法
結論から考えよう まとめ

PART2 全体から考えよう
01 フレームワークで「思い込み」から解放される
02 思考のクセがわかれば、問題は半分解決している
03 優先順位をつけるたった1つのポイント
全体から考えよう まとめ

PART3 単純に考えよう
01 ダラダラ話す人に足りないもの
02 「エレベーターテスト」は格好のトレーニングツール
03 「単純に考える」ことはアイデアの源
コラム 流れ星はなぜ願いごとを叶えてくれるのか?
単純に考えよう まとめ

おわりに
「地頭力を鍛える」おすすめBOOK LIST

東洋経済オンラインストアより

地頭力とは未知の領域で問題を解決する力

地頭力固有の思考力として以下の3つが紹介されています。

1.仮説思考力

→「結論から考える」

2.フレームワーク思考力

→「全体から考える」

3.抽象化思考力

→「単純に考える」

この3つの思考力を持つことで、仕事の生産性は上げることができます。

「仕事の生産性」というと、早く、より効率的に仕事ができるようになるイメージかもしれませんが、

「仮説思考力」があると、

・相手はこんなことを求めているのでは?

・こんなことを懸念しているのか?

と、相手や周りが何を考えているのかを常に考えるようになるので、コミュニケーションがスムーズです。

フレームワークについては、フレームワークに特化したマンガ(ビジネスコミック)もあるので、

今後じっくり紹介していきたいと思います。

まずは、「考える力」をつける最も基礎となる「地頭力を鍛える」がおすすめの1冊です。

コメント